レンタルオフィスの形態の一つ


コワーキングスペースの賢い利用法

レンタルオフィスの形態の一つ

レンタルオフィスの形態の一つ 現代では働き方のスタイルは色々あり、企業が用意した建物ではなく別のところに契約するパターンも多いです。
コワーキングスペースもそのひとつで、同じ空間を複数の人と共有する形です。
特に個室などが用意されているわけではなくシェアするため、コストを低く抑えやすいのが特徴です。
電源やインターネットへの接続など、事業に必要なものが用意されている場合が多いですが、それも特に契約で縛れるわけではなく、共有している中のひとつを使うことになります。
強みとしては共有している他の人と接する機会がある点で、ビジネスに欠かせない人脈を構築したり、別のところの事業を参考にするといったことが可能です。
似た形のものとしてはレンタルオフィスが挙げられますが、そちらはあくまでもオフィスが独立しているのが基本です。
そのためコワーキングスペースほど、他の人と繋がることはありません。
作業を行う上で、他の人と触れ合う必要性があるかどうかで選ぶと良いでしょう。

コワーキングスペースを経営するビジネスモデル

コワーキングスペースを経営するビジネスモデル コワーキングスペースのビジネスモデルは基本的に貸し会議室と同じです。
ビルのフロアなどを借り上げ、オフィス風に改装してから設備を整えます。
そのコワーキングスペースの方針によりますが、個室やカギ付きの部屋などを設置するならまずそのスペースを確保する必要があるでしょう。
しかし基本的には広い空間を自由に使ってもらう形になるため、机と椅子を用意し、フリーの無線LANを飛ばしてネット環境を構築します。
あとは企業相手に貸すか、個人にも貸すかなどの選択肢がありますが、企業だけに絞って席が埋まらないともったいないので、門戸を開く形が望ましいです。
ビジネスモデルとしては出来るだけ契約してもらい、席を生める事ですが、実際にやってみると空席でも契約していれば支払いは発生するので空席が目立つ事があるかもしれません。
あとは自動販売機の設置や、有料ロッカーなどで利便性を利かせ、それと同時にお金を取る仕組みを取ると上手く回るでしょう。


Copyright 2020 コワーキングスペースの賢い利用法 All Rights Reserved.